クリニック青い鳥クリニック青い鳥

奈良市の心療内科、精神科、老年精神科(認知症を含む) クリニック青い鳥

〒630-8114 奈良県奈良市 芝辻町2丁目11-1 MLビル2F
TEL 0742-30-0516
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

診療案内

うつ病

軽症のうつ病の人は最近増加しており、抑うつ気分と興味または喜びの喪失が中心的な症状です。生活の上では、五月病でみられるような症状のほか、「仕事や家事などが以前のようにテキパキこなせない」、「考えがまとまらない」などの症状がみられます。
また、軽症のうつ病の場合、他にはっきりした症状がなく、朝早く目が覚めてしまったりする、睡眠障害だけが目立った症状としてあらわれることもあります。
特に、目が覚めたとき、ひどく憂鬱な気分になったり、疲れやすく、休息をとってもなかなか回復しなかったりするような場合は、うつ病が原因で睡眠障害になっている可能性があります。

 

神経症

神経症は心因性の精神障害の一つで、疾患等の原因がなく心身異常が起きる病気のことです。多くは周囲の環境に対応できず、不安感から精神バランスが崩れることにより起きます。
症状により、いくつかの種類があります。最近では不安障害として強迫性障害、全般性不安障害、パニック障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害などに分けることもあります。

【1】強迫神経症
「家の鍵をかけたか?」「コンロの火を止めたか?」などささいな考えが頭から離れない症状です。
【2】不安神経症
過剰な不安感により、動悸や息苦しさ、手足のしびれなどの症状がみられます。
【3】恐怖症
高所恐怖症、先端恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症など、通常他の人があまり気にしないものを異常に怖がる症状です。

 

認知症

人口構成の高齢化により、近年増加し、社会問題にもなっている病気です。
記憶力や思考力の低下のみならず、行動や人格の異常を伴い進行してゆきます。
早期発見し、治療してゆくことが大切です。
また、症状に合わせて様々な社会資源を利用し、リハビリすることにより症状の進行を少しでも遅らせることが重要です。
いずれにしても、家族を含めて周囲の協力や介護が不可欠となっています。

介護保険を早めに利用して、生活の質を低下させずに人生を楽しんでいきましょう。